成年後見

成年後見

※ 下記のメニューよりお選び下さい。

成年後見とは

成年後見制度とは?

認知症の方、知的障害のある方、精神障害のある方など判断能力が不十分な方々を支援する制度です。
判断能力が低下すると、介護施設を利用するための契約などの法律行為や財産管理など、自分ですることが困難になったり、悪徳商法に合わないかと不安になったりする事があります。このような方々のために、代わりに契約をしたり、財産を管理したりして、支えていきます。
成年後見制度には、既に判断能力が低下している場合に利用する法定後見制度と、判断能力が十分ある間に、信頼できる方に契約書で依頼しておく任意後見制度の二種類があり、また、法定後見制度には、後見・保佐・補助の三つの類型があります。
色々な制度・類型がありますが、これからは、本人の意思を尊重しながら、様々な状況に対応していけるようにと、考えられた仕組みです。
本人のためにどの制度を利用するのがいいか、しっかりと考えることが重要になります。

成年後見制度の種類

  判断能力 成年後見人等がすること
法定後見 既に低下している方 本人の状況に応じて家庭裁判所が決定する
任意後見 任意後見契約を結ぶ契約能力を備えている方 任意後見人は、本人と相談して予め結んでおいた任意後見契約の内容に基づき、本人を支援します。

成年後見の実例

こんなときに成年後見が必要です。例えば・・・

  • 父を介護施設に入所させようとしたら、後見人を立てるように要求された。
  • 認知症の母に代わって、銀行預金を引き出そうとしたら裁判所で認められた後見人でなければ駄目だといわれた。
  • 身寄りがないので、将来病気になったりした後が心配だ。
  • 施設で暮らす姉に後見人を立てたいのだが、遠方にいるため、常に係ることが出来ない。
  • ※何かご不明なことなどがある方は、まずご相談していただくことをお勧めします。